日本の海外旅行保険会社が

サポートデスク経由で手配してくれる病院

大抵の場合は私立病院の専門医の予約を手配してくれます。私立のプライマリーケアドクターの往診を手配してくれることもあります。

 

急を要する場合は、私立総合病院の救急外来に連絡を取ってくれますが、必要とされる専門科の急患を受け入れる私立総合病院が無い場合は、公立医療ネットワークに属する総合病院の救急外来を案内してくれることもあります。

 

あるいは、真に緊急なケースで、本人ではなく他者が112番に電話して救急車などで搬送された場合、搬送先は公共医療サービスの総合病院になります。

このようなケースで、(スペインの社会保険の加入者でない)旅行者が公共医療ネットワークに属する医療機関で医療サービスを受ける場合、救急外来にてまず人命救助と治療が行われるので、私立病院のようにデポジットを請求されることはありませんが、退院時に医療費を請求されます。この時点で、保険会社から支払い保証をしてもらうことになります。

 

このように、海外旅行保険でカバーする医療サービスは、プライベート医療に限られる訳ではなく、公共医療に頼ることもありますので、スペインの公共医療について知っておくことをお勧めします。

 

 

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com