救急外来(URGENCIA)

公共医療の場合

 

通常のプロセスを踏んでいられない、急を要する場合は、公共医療ネットワークに属する総合病院の救急外来(Urgencia)へ行きます。住んでいる場所ごとに総合病院の指定がありますが、それ以外の総合病院でも受け入れてもらえます。

 

★救急外来(Urgencia)へ自力(タクシーや自家用車など)で行く場合:

* 受付:受付窓口で医療カードを提出し、大まかな事情を説明。

* トリアージュ:看護師(あるいは医師)による問診や簡単なバイタル測定などで患者の「緊急度」を確定。待合室で順番を待ちますが、自分より緊急度の高い患者(救急車での搬送など)が到着すると、そちらが優先されます。

* 診察:救急外来の各科専門医による診察

* 各種検査や画像診断:医師が必要と判断した場合は即、これらの検査を実施。

* 診断:検査結果を踏まえた診断 >入院/観察室での観察/治療/薬剤処方など。

* 救急外来(Urgencia)はあくまでも応急処置としての医療サービスの提供に限られるので、その後の治療は、ホームドクター経由で通常時のプロセスを踏んで行われることになります。

 

★救急外来(Urgencia)へ自力で行けない場合:112番へ電話。

 


 

プライベート医療の場合:

 

★救急外来(Urgencia)へ自力(タクシーや自家用車など)で行く場合

加入している保険会社経由で必要とする専門科の救急外来のある私立総合病院を紹介してもらって行きます。

 

救急外来(Urgencia)へ自力で行けない場合

加入している保険会社経由で救急車を手配してもらいます。

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com