緊急事態ー112番通報

交通事故、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血など真に緊急を要する場合は、112番に電話します。

2008年以降、EU(欧州連合)加盟する全ての国において、あらゆる緊急事態にはこの番号112にダイヤルする形に統一されています。

この番号に架けると、警察、消防署、人命救助、救急医療など全ての緊急事態をカバーするコーディネーションセンターに繋がります。

これらコーディネーションセンターは各自治州が管理しています。

電話に出たコーディネータに事情を説明すると、各事態に必要な部署(警察、消防、救急医療など)の担当者に繋がれ該当部署で対処してくれます。救急搬送先は通常は公共医療ネットワークに属する総合病院の緊急外来URGENCIAとなります。

 

マドリッドの場合:

怪我や病気の場合112番に架けると、マドリッド市管轄地域ではSAMURの救急車、マドリッド自治州内ではSUMMAの救急車やヘリコプターなどの出動、あるいは緊急医療チーム(医師を含む)を自宅へ派遣、または電話口で直接医師が指示を出すなど、ケースごとに対応してくれます。また、救急車に医師が同乗し、車内で医療行為を行うタイプの救急車も多くあります。

 

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com